NISAの恒久化(無期限)はどうなる? 新制度の内容やいつ改正するのか(2022年12月)

【当サイトには広告が含まれます】

 

岸田首相は9月23日にニューヨーク証券取引所で、資産所得の倍増のためにはNISAの恒久化が欠かせないと発言しました。そして12月12日、日経新聞など報道各社は「NISA投資枠が拡大、恒久化へ」が報道されました。

23年度与党税制改正大綱に盛り込まれる予定で、ほぼ確定とみていいでしょう。

新NISAの内容【分かりやすく解説】

主に以下のようになります。

一般NISAは、「成長投資枠(仮称)」に名称変更される予定ですが、わかりやすいように「一般NISA」で通します。

現在 2024年1月以降
制度が使える期間 つみたて:42年まで
一般:23年まで
恒久化
年間投資枠 つみたて:40万円
一般:120万円
つみたて:120万円
一般:240万円
非課税期間 つみたて:20年
一般:5年
無期限
最大投資枠 つみたて:800万円
一般:600万円
1,800万円
(うち一般は最大1,200万円)
つみたてと一般の併用 不可 可能

覚えておきたいポイントは、以下の3つ。

  • 制度・非課税期間の恒久化
  • 投資枠の拡大
  • 併用ができる

制度・非課税期間の恒久化

今までは、つみたてNISAが2042年まで、一般NISAが2023年までとなっており、2024年から一般NISAのみ新たな制度に移行する予定でした。

しかし、今回の改正ではどちらも制度・非課税期間が恒久化されることとなります。

投資枠の拡大

今までは、つみたてNISAが年間40万円×20年間=800万円、一般NISAが年間120万円×5年間=600万円が最大投資可能枠でした。

しかし2024年の改正後は、つみたてNISAが年間120万円、一般NISAが年間240万円となり、投資可能期間は無期限となります。

24年の改正では生涯での最大非課税投資枠が決められています。

買付残高で1800万円が最大投資枠となる予定で、そのうち一般NISAは最大1200万円となります。

つみたてNISAだけの場合、最大投資枠の1800万円が適用予定のため、以下のようになります。

毎年の積立額 積立可能な期間 計算式
毎年36万円の場合(毎月3万円) 50年間 1800万円÷36万円=50年
毎年60万円の場合(毎月5万円) 30年間 1800万円÷60万円=30年
毎年120万円の場合(毎月10万円) 15年間 1800万円÷120万円=15年
最初の5年は24万円(毎月2万円)
6年目以降は48万円(毎月4万円)の場合
40年間 1800万円-120万円(最初の5年)=1680万円
1680万円÷48万円=35年
5年+35年=40年

このように、積立金額に応じて10年~50年ほどは投資を続けることができます。

ただし、つみたてNISAのメリットは、毎月同じ金額を積み立てる「ドルコスト平均法」です。

併用ができる

今までのNISAでは、つみたてNISAか一般NISAどちらかを選ぶ必要がありましたが、ここも大きなメリットです。

そのため、つみたてNISAで毎月積立をしつつ、個別株投資やアメリカ株投資も一般NISAで投資できるようになります。

組み合わせの例を以下でいくつか挙げてみました。

つみたてNISA 一般NISA
毎年36万円を30年間積立=1,080万円 毎年100万円~110万円で7年間個別株投資=720万円
毎年60万円を20年間積立=1,200万円 毎年100万円で6年間個別株投資=600万円

 

現在のNISA利用者はどうすればいいのか

新NISAでは、現在のNISA制度とは分離して管理される予定となっていることがポイントです。

現行のNISA利用者も2024年から新しくNISAを利用できるようになるため、生涯投資枠の1800万円が満額利用可能です。メリット大です。

現行NISAが23年末で完全廃止されるのか、保有証券をどう移行するのか、など詳細は決まっていないようです。24年からの新NISAを誰でも満額使えるということは

まだNISAを始めていない人は、今のうちからNISA口座を開く方がお得なのです!

例えば2023年から一般NISAを始めることができれば、年間120万円分の投資+新NISAで最大1800万円=最大1920万円が非課税投資枠が使えますね。

まだNISAを始めていない方に向けて、以下ではNISAにおススメの証券会社をご紹介します。

NISA口座の開設は数日かかります。今から年末にかけて申し込んでおくのが大切です。

SBI、楽天よりもNISAを初めて取り組む方には、マネックスの一択です。初心者に優しい説明が豊富、複雑なダッシュボードを排除した作りこみが評価されております。NISAをまずは足掛かりにと思われる方は、絶対マネックスです。
マネックス証券

マネックス証券は、第三者評価機関であるゴメス・コンサルティング株式会社
「2010年1月オンライン証券ランキング」の「サイトの使いやすさ」で第1位を獲得しました。

その他、「サイトの安定性と信頼感」「便利な機能・サービス」「バイ&ホールド重視型」の各部門で
1位を獲得するなど、第1位獲得数はノミネートされたオンライン証券の中で最多となりました。
マネックス証券

 

 

 

 

関連記事

NISA恒久化の決定について(基本のおさらい動画)

【お知らせ】2020年1月6日よりサイト名を変更します

FX投資は投資ではないが、FX口座を開設して長期投資に活用するには有効

【お知らせ】ドメイン(URL)変更のお知らせ